電気工事 通線・入線用ロープ

電気工事 通線・入線用ロープ

電気工事の現場で行う通線・入線作業で使うのがロープです。
短い距離で、さほど太くもないケーブルを配管内に入れるのなら、入線用ラインだけでも対処できるでしょうが、太いケーブルを長い距離入れるとなるとロープを予備選替わりにして、力を込めて引かなくては通すことはできません。

 

時には人力だけでは駄目なこともあり、ウインチの助けをかりることもあるでしょう。
そんなときにもロープが必要になるので、いわば電気工事会社として、必須アイテムだと言えるでしょう。
しかし、ロープにいくつか種類があり、用途によって使いやすいものとそうでないものに分かれるので、そのあたりを十分考慮して選ぶ必要があります。
このページで紹介してるものはほんの一例でしかなく、探せばほかに出てくると思いますが、紹介してるものは、電材卸会社でも簡単に取り寄せてくれるものなので、手にしやすいものばかりです。

デンサン(DENSAN)

ニュースーパーテクロープ

デンサン(DENSAN) NPB-851

デンサン(DENSAN) NPB-1051

デンサン(DENSAN) NPB-1051デンサン(DENSAN) NPB-1251

デンサン(DENSAN)
φ8×100m
NPB-851

デンサン(DENSAN)
φ10×100m
NPB-1051

デンサン(DENSAN)
φ12×100m
NPB-1251

Amazonはこちらデンサン(DENSAN) NPB-851

Amazonはこちらデンサン(DENSAN) NPB-1051

Amazonはこちらデンサン(DENSAN) NPB-1251

※破断強度 : 34.3kN~78.5kN

 

このロープは埋設配管で使うといいです。
埋設管内に溜まった水を吸い込みにくく、作業後の手入れが簡単です。
ただ、ほかのに比べて、価格が高いので使うか使わないかはみなさんで判断してください。

 

システマーロープリール

デンサン(DENSAN) RDS-450

デンサン(DENSAN) RDS-600

デンサン(DENSAN)
ロープリール
RDS-450

デンサン(DENSAN)
ロープリール
RDS-600

Amazonはこちらデンサン システマーロープリール RDS-450

Amazonはこちらデンサン システマーロープリール RDS-600

 

クレモナSロープ

デンサン(DENSAN) DPK-1051

デンサン(DENSAN) DPK-1251

デンサン(DENSAN) DPK-1451

デンサン(DENSAN)
φ10×100m
DPK-1051

デンサン(DENSAN)
φ12×100m
DPK-1251

デンサン(DENSAN)
φ14×100m
DPK-1451

Amazonはこちらデンサン クレモナSロープ 100m DPK-1051

Amazonはこちらデンサン クレモナSロープ 100m DPK-1251

Amazonはこちらデンサン クレモナSロープ 100m DPK-1451

※破断強度 : 9.71kN~18.4kN

 

テトロンロープ

デンサン(DENSAN) DPR-100

デンサン(DENSAN) DPR-120

デンサン(DENSAN) DPR-140

デンサン(DENSAN)
φ10×100m
DPR-100

デンサン(DENSAN)
φ12×100m
DPR-120

デンサン(DENSAN)
φ14×100m
DPR-140

Amazonはこちらデンサン テトロンロープ 100m DPR-100

Amazonはこちらデンサン テトロンロープ 100m DPR-120

Amazonはこちらデンサン テトロンロープ 100m DPR-140

※破断強度 : 19.6kN~38.2kN

 

ナイロン8クロスロープ

デンサン(DENSAN) DNC-0851

デンサン(DENSAN) DNC-120

デンサン(DENSAN) DNC-140

デンサン(DENSAN)
φ8×100m
DNC-0851

デンサン(DENSAN)
φ12×100m
DNC-120

デンサン(DENSAN)
φ14×100m
DNC-140

Amazonはこちらデンサン ナイロン8クロスロープ DNC-0851

Amazonはこちらデンサン ナイロン8クロスロープ DNC-120

Amazonはこちらデンサン ナイロン8クロスロープ DNC-140

※破断強度 : 11.9kN~37.3kN

 

デンサンのロープを使ってる人も多いと思います。
最初に紹介したロープは、引っ張り強度が高いのでウインチを使った入線・通線工事向きだと思います。
他のものでもウインチを使うことはできますが、無理な力が加わると破断する恐れがあるので、使用状況をよく考えて使うようにしてください。
また水分を含みやすいので、使用後は洗って陰干しするなどの手入れが必要です。
使用したままで収納しておくと含まれた水分が腐敗して異臭を放つようになります。
こうなると臭いは取れることがないので、異臭に耐えて使い続けるか廃棄処分するしかありませんので、使用後のお手入れは怠らないことが、永く使う秘訣です。